スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河原塾 偏差値40台の子が偏差値60台に合格!?④

中3の初めのころの偏差値は45程度・・・。

河原塾の塾生の男の子をハイレベル私立校の
土浦日大に合格へと導いた戦略とは・・・!

今回のメールはその4になります。
最終回です。

今回のメールには

子供たちの学習や成績アップをダメに しているひとつの要因は、
まぎれもなくあなたがた「親」だ


と書かれてあります。

詳しくは河原利彦 塾長の
本に詳しく書かれています。




それでは河原塾 塾長 河原利彦さんのメールをお読みください。

(河原利彦さんの許可をいただいてメルマガをブログにアップさせていただいています。)

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

こんにちは、塾長です。

今日は、土浦日大の受験日でした。

合格偏差値は、クラスにより、61?72のハイレベル


河原塾の受験生34名から、21名が受験する。

朝、21名に呪文を捧げるために行ってきました。
 ↓
証拠写真

ーーーー
さて、シリーズの最終話になります。

最終話では、どうして偏差値40台の子が60台に、
合格できたかの3つめの秘密です。



まず、夏休み最後の大きなテスト、「茨城統一テスト」の結果を

見ての、親からのメールです。

お母さまの気持ちがよく分かります。親心ですね。


=========================
塾長様
大変お世話になっております。

今日は茨統の結果で落ち込んで帰ってきました。

メールでの誰々があがったとか、夏の成果が出たとかの

報告をもらうたびに、うちは学校の実力もあがらず、
果たして結果がでるのだろうかと心配になっていました

**も国語は、やりようがない、頭が駄目なんだ、

と言ってみたり、やはり**が変わって頑張ってるのが

わかるので結果にでないのは可哀想で私達もつらいです。

県立にしたほうがと言うお話のようですが、もしかして

日大単願推薦を学校のほうでいただけたら受けさせたい

とも思いましたがマークシート**が苦手とする選択問題、

レベル的にもしこの成績で入ってついていけるのかも

心配にもなってきています。


塾長がついていけそうにないとおしゃるのなら県立で中央、

商業レベルの高校にしたほうがとも思っております。

いかがでしょうか。

===========================


今みると、よく親の気持をあらわしているメールですが、

どうしても、許せない箇所があったのです。


それは、文中の


「結果にでないのは可哀想で私達もつらい」


この言葉です。

そして、本人は、最悪の言葉・・・

「頭が駄目なんだ・・・」


が出てしまっています。

すかさず、僕は返信しました。



===========================
**さま

塾長です。

忘れないで下さい。
**がしっかりやっていれば、必ず出ます。

そして、彼がしっかりやっているのは、

僕もいつもチェックしています。


**の変貌は、授業中などでは、目を見張るもののがあります。

親が、「子供がやっているのに可哀想だ」などと言っている

ようではダメです。絶対にそのような素振りは見せてはいけません。


お気持ちは分かりますが、子供の自立を阻害するのは、そのような

子供を慈悲の目で見ることです。


しっかり自立しようとしているのに、そんな甘いことを

親が思っていると子供に伝染りますよ。


ご自分達の心配を、子供に押し付けない出下さい。

**は頑張っています。ただそれだけです。


一生懸命やることが、可哀想なのですか? 

ただ、結果が出る日を知りたいのですか?

**は頑張っていますよ。


毎年**のような子はたくさんいます。

それでも、じっと努力を続けしっかり結果を出していきます。

時には、受験まで出ない子もいます。


受験でも出ない子もいます。

でも、そのような子は、確実に高校で大きく伸びます。


結果がいつ出るかなど、誰も分かりません。



誰が、自分の結果が出る日を知れるのでしょうか?

そんなことわかったら誰も苦労しません。

頑張ってやっているのですから、暖かく見守ってあげて下さい。

少なくとも彼は努力しているのですから。


その努力というのは、人間としての一番大切なことです。


もし、**が変わってなかったらどうするのでしょうか?

それこそ、何も変わりません。


>**も国語は、やりようがない、頭が駄目なんだ、
>と言ってみたり、やはり**が変わって頑張ってるのが
>わかるので結果にでないのは可哀想で私達もつらいです。


そのような接し方をするから、**からそのように

弱い言葉が出るのです。


塾長がついていけそうにないとおしゃるのなら県立で中央、

商業レベルの高校にしたほうがとも思っております。

いかがでしょうか。


ーーー以下省略ーーー

===========================


いかがでしょうか?

このように、僕は、子供たちの学習や成績アップをダメに

しているひとつの要因は、まぎれもなくあなたがた「親」だと

思うのです。



先日の、僕の、「親への授業」や、今回出版した2冊目の著書
に、このことは、詳しく来ました。

まさしく、受験勉強が始まり、親の心配が高まる頃に書いた

ものですので、臨場感たっぷりですね。笑


まとめます。

-------------------------------------------
そして、3つめは、親を黙らせる!(親が黙る)
-------------------------------------------

ということです。

子供の勉強に口うるさいのは、裏返すと、単なる親のエゴです。

このことに気づいた親は、変われます。

そして、子供が、大きく育ちます。


いつまでも、幼稚園、小学校の範囲にしておきたいのが、

母親です。


でも、それでは、本当の学力を発揮することは出来ないのです。

詳しく、知りたい方は、ぜひ僕の本を読んで下さいね。




お付き合いありがとうございました。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

スポンサーサイト

河原塾 偏差値40台の子が偏差値60台に合格!?③

中3の初めのころの偏差値は45程度・・・。

河原塾の塾生の男の子をハイレベル私立校の
土浦日大に合格へと導いた戦略とは・・・!

今回のメールはその3になります。
いよいよ具体的な戦略が見えてきました。

今回のメールでは
河原塾の商材
受験への最終兵器”トリロジー”
を使って学習の優先順位をつけ

優先順位の高かった英語を
河原塾の商材
中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」
を使って徹底的に勉強したようです。


それでは河原塾 塾長 河原利彦さんのメールをお読みください。

(河原利彦さんの許可をいただいてメルマガをブログにアップさせていただいています。)

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

塾長です、

それでは、続きをはじめます。


まずは、中3の進路調査の時の

お母さまからの相談メールです。

ーーーーーー

お忙しいところ返信ありがとうございました。

主人と話したところ、やっと入ってついていけるか、

調査書が、第3学年のものを提出するようですが

評定が低いのでそれも気がかりです。

また去年日大受験の話がでたときに、

俺は馬鹿だから無理だ。

と言ういきさつがあり本人が頑張れるのかも心配です。

本人が、その気になってくれれば

日大を受験させたいと思いましたがいかがでしょうか?

塾長だよりで申し訳ございません。

ーーーーーー

いかがでしょうか?

夏前には、親御さまはもちろん、彼には、

まったく自信が無かったのです。

まさか、自分が、日大を受験して合格するなど、

いや、受験することさえ、

夢にも思ってなかったはずです。

その彼が、どうしてそんなに激変出来たのか?

--------------------------------------------------
二つ目は、勉強の以前の生活習慣を徹底的に見直したということ
--------------------------------------------------

彼が、明らかに変わったのは、6?7月です。

僕のいろいろな、マインドセット授業によって

徐々に、心に変化が出ていました。

・何のために勉強するのか?
・誰のために勉強するのか?


それが、決定的にカタチになったのは、

朝6時の夏期講習でした。


朝は、5時前に起きて、6時には塾に来て、

ラジオ体操をする。


そして、午前中の5時間演習、午後の3時間演習

とにかく午前中を大切にするために、様々な工夫を

していたのです。


勉強の内容は、人それぞれです。

但し、夏休みのような期間が決まっていて、復習を

していく講習には、自分の不得意を、最も効率よく

進めるために、とても重要なことがあったのです。


 「勉強の優先順位」


これを一歩、間違ってしまうと、

受験に間に合わなくなってしまう。


この数値を綿密にマジックシートプラスで、算出して

その順番通りに学習していったのだ。

(トリロジーの3つのシートのうち、2つめのもの)


やみくもに、思いのまま、やっていくのと、

この優先順位にきっちり従うのでは、約1.5倍の

速さが出るのだ。


40日でやっと終了するものが、

30日足らずで終わることになる。


彼にとっては、時間との勝負なのだ。


マジックシート+が、算出した優先順位は、

次のようなものだった


1・英語の構文
2・国語の読解
3・英単語
4・国語の文法



最大の課題である国語よりも、先に英語の形をつけよ!
ということだ。


もちろんMS+には、100%服従しなければならないので、
素直に従ったわけです。笑

MS+には、感情を加味した微妙な数値が仕組まれています。


そこで、教材には、僕の「中学英語速習教科書」の

ワークブック「マジックワークB1,B2,B3」を、


徹底的に書かせました。


そして、容赦ないテスト攻撃です。


余談ですが、

「中学英語速習教科書」で、結果が出ないという人の

大部分は、書き込みやテストが足りないのです。



そして、習得度をチェックするために、テストを何度も

するということです。



マジックワークは、B1,B2、B3と進んでいきますが、

しっかりやれば、夏の20日間でなんとか形がつきます。



普通の英語の受験勉強といえば、文法とか、単語とかです。

そういうことをやっていると、夏休みが何度あっても

足りないでしょう。



夏は、夏期講習テキストと、英語の書き込み。

ほぼこれだけでした。



しかし、勉強の重要な部分の、ほとんどを午前中に

もってくるようにしました。



そして、彼は、僕の指示通り、きちんと家の手伝いを

するようになったのです。



その時の、お母さまからのメールです。夏期講習中盤です。

ーーーーーー

急ぎの仕事が夜遅くまでかかり

なかなか返信出来ませんすみません。


最近の**は、手伝いも、勉強も自分からやるという

変わりようで驚いています。

本当に塾長のおかげです。


あとは、結果が少しでも上がれば、

受験に向けてやる気になってくれると思います。

しかし、気になる事があり昨夜自分なりに

一通りテスト勉強をしたので、やる事がないと言うのです。


かといって完璧ではなく、そこをやればいいのにと

言ったのですがわからないと言うのです。


やはりまだ、課題を出されないと出来ないようです。

明日が、テストだというのに心配です。

友達にも恵まれており、トップクラスの子と

遊んでいるのですが勉強は別みたいで見習って欲しいです。

ーーーーーーーーーーーーー


学習の結果は、まだ、ほとんど出て来ませんが、

やることだけはやっている。

そして、自分のために勉強するようになった。


これだけ、出来ていれば、今まったく結果がでなくとも

必ず、必ず、変化があるはずです。


誰も信じないでしょうが、僕には、断固とした自信が

ありました。



この時、受験まであと5ヶ月で偏差値51、

合格偏差値61まであと10。



さて、次回は、最後に3つめの「以外な事」をしたのです。

それはいったい何でしょうか?

何だと思いますか?

普通の塾は、こんなことはしません。いや出来ません。笑


お楽しみに。

ーーーー

今回のメールの中に登場した商材は
河原塾に通っていなくても入手できます。

数量限定なのでいつ購入できなくなるか分かりませんので
気になる方は1回、ゆっくりと河原塾の商材の説明を読んでみてください。


・受験への最終兵器”トリロジー”

・中学英語速習教科書 「英語は2パターンしかない!」


河原塾 偏差値40台の子が偏差値60台に合格!?②

中3の初めのころの偏差値は45程度・・・。

河原塾の塾生の男の子をハイレベル私立校の
土浦日大に合格へと導いた戦略とは・・・!

今回のメールはその2になります。


特に今はまだ偏差値が低い場合には
参考になることがあるのではと期待しています。

それでは河原塾 塾長 河原利彦さんのメールをお読みください。

(河原利彦さんの許可をいただいてメルマガをブログにアップさせていただいています。)
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


塾長です。


前回は、先日、私立推薦入試合格、偏差値40台が偏差値60台の

高校に合格したという塾生の話でした。


さて、続きです。


この受験が上手くいったのには、大きな3つの要因があります。

ひとつずつ説明しましょう。


--------------------------------------------------
まず、一つ目は、志望校の決定が早かったということ。
--------------------------------------------------

中3のはじめ頃、この子(男子)の偏差値は45くらい。

この子が、高い高校へ合格するためには、教科を絞る必要が

あると思いました。

公立高校は、5科ですので、かなり幅広い学習が必要です。

レベルの低い子には、5科という重圧がかなりの問題となります。


それを、3科に絞るには、私立受験を選択するしかないのです。

ここ茨城では、私立は、県立の滑り止めという認識が、まだ

あるので、初めから私立受験ということは、なかなか決定しずらい

ところがあります。


とは言え、今回合格した、土浦日大高校は、偏差値も60以上で、

大学への進学も考えて、初めから狙う子も増えてきています。


この子が、5科でいけば、42→55が精一杯だろうと思っていました。

しかし、3科にすれば、42→58くらいまでは、いけると思ったのです。



それでも、合格偏差値の60までは、足りないのですが、あと2は、

特殊な受験テクニックで切り抜けるという戦略がありました。


それを、お母さまに伝えた上で、中3初めから、塾では、3科の学習

を開始したのです。


彼は、社会、理科のほうが、得意だったのですが、あえてそれを

やらずに、嫌いな英語、数学、国語の指導に専念しました。


このように、まずは、早期の志望校決定をするということが、


自分よりランクの上の高校に合格するための1つめの条件なのです。


さて、2つ目は何でしょうか?

次回お伝えします。

つづく
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


<お知らせ>
英語リスニングを、お持ちのみなさまへ

受験への総仕上げである、リスニングトレーニング編の
中3まとめが、完成して追加されました。

この教材を使えば、高校受験におけるリスニングは

ある程度OKだと思います。しっかり練習して下さい。

         ↓

高校受験 即効・英語リスニング講座

河原塾 偏差値40台の子が偏差値60台に合格!?① 

前回

河原塾で

私立 土浦日大に2名の合格のメールが来ました。

一人は女の子で、もともと偏差値62程度の学力の持ち主で
偏差値67の特進クラスの合格。

こちらのケースはもともとある程度学力がある子を
伸ばした結果の合格なので塾長もそれほど苦労がなかったとか・・・。

もう一人の男の子の学力は
偏差値40程度・・・。

この子を土浦日大に合格させるためには
塾長もかなり悩んで戦略を立てたみたいです。

そのことについて何回かに分けて
メールで教えてくれるようですよ!

特に今はまだ偏差値が低い場合には
参考になることがあるのではと期待しています。

それでは河原塾 塾長 河原利彦さんのメールをお読みください。

(河原利彦さんの許可をいただいてメルマガをブログにアップさせていただいています。)

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

こんにちは。

河原塾の塾長、河原利彦です。


ここ茨城では、私立の受験が、いよいよ始まりました。

そして、昨日は、2名の合格発表がありました。


土浦日大というハイレベル校があるのですが、そこに見事合格しました。


一人は、女子で、もともと偏差値62程度はあったのですが、

67の特進クラスに見事、特待合格。


もう一人は、男子で、偏差値42で中2の時に入塾、

中3の始めの時点で48程度だったのです。


その子が、見事に、進学クラス(偏差値61)に合格したのです!


女子の方は、もともと、ある程度の学力を、伸ばした結果で、

よくあることですが・・


男子の方は、とにかく、受験に対して戦略が必要でした。


なにせ、偏差値40台の子が、60台の学校に合格するためには

どうしたらよいのか・・・


僕は、じっくり考えて作戦を練っていました。

それが、去年の5月頃です。



彼は国語が苦手で、実力テストではいつも30点?40点しか取れません。

しかも、英語も50点いけばいい。数学も同じくらい。


かなりキツイです。

また、本人にも、あまりモチベーションがなく、

自分はどうせ能力が弱いから・・・


という弱気のやる気なしマインドなのです。


さて、まずは、モチベーションをどのように与えていくかが課題でした。


勉強のやる気が起きないのに、勉強をさせてもあまり有効ではないのです。

どんなに長時間やっても、本人のやる気がなければ何も始まらないのは、

誰にでもお分かりになることです。



ここからが、彼を合格に導く腕の見せ所ですね。


次回をお楽しみに。
 
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
朝トレ こだわり
朝トレのこだわり:椅子
朝トレのこだわり:水
河原利彦 塾超RADIO
河原塾 塾超 河原利彦さんが
ラヂオに進出!

ラヂオつくば FM84.2 Mhzで放送された
番組のブログがこちら
    ⇒塾超RADIO

過去の放送が聞けますよ!
河原利彦 書籍



河原利彦塾長 ダイエット
塾長がダイエットを決意した本
最新記事
カテゴリ
リンク
amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。